製本機の総合メーカー 太陽精機株式会社
| トップページ | | サイトマップ | アクセス | エントリー |
仕事紹介・先輩メッセージ
ビジョンと戦略
会社情報
新卒採用情報
びわ湖工場へようこそ
世界をリードする太陽精機の技術
オモシロ製本豆辞典
アニメでなっとく本づくり
世界をリードする太陽精機の技術
         
あ段
間紙(合紙)
あいし(あいがみ)
interleaving paper/slip sheet/smut sheet/set off sheet
印刷・製本の際に印刷紙や刷り本の間に入れる紙。紙を入れる作業を「間紙入れ」という。
なお、「あいし」は合紙とも間紙とも書かれるが、「合紙」は「ごうし」とも読め、意味が異なってくるので、ここでは「間紙」に揃えた。
アジロ製本
あじろせいほん
notch binding/burst binding
無線とじが中身の背を削り落とし糊を塗布するのに対し、アジロとじの場合は、折り工程で折丁の背の部分にスリッターで切れ目を入れておき、中身の背を切り落とさずに糊を塗布する。
アジロとじの本は、無線とじの本に比較して、開きが柔軟性に富み、ノドいっぱいまで見開きができて糸かがり本と同様の効果がある。
あたま
head
本や印刷物の中身の上部「天」の部分を頭という。本文が右開きの場合は折りの切り口の方を天、折りの袋になる部分を「地」または「罫下(けした closed head)」といい、左開き(横組み)の場合は反対に折りの袋部分が天、切り口の方が地となる。
厚表紙
あつびょうし
istiff cover
上製本の表紙は、芯ボールの厚さにより厚表紙と薄表紙に区別される。厚表紙は、芯に板紙などの厚紙を用い、その上に革やクロス・布地・印刷紙などの表装材料を貼ったものをいう。
厚み検知装置
あつみけんちそうち
caliper/miss and double detector/book thicness detector
増落丁を防ぐために丁合機の各ステーションには「厚み検知装置」が取り付けられている。フィーダーボックスからグリッパーで引き出された折丁は、この装置により厚みが計測され記憶される。記憶しているデータと異なる2枚取り(増丁)や空取り(落丁)をした場合に、丁合機は自動的に停止しオペレーターに異常を知らせる。
厚物
あつもの
thick book
ページ数の多い書籍やノートブック等、束の厚いもの。通常は束の厚さが3cm以上の本をいう。
合わせ丁合
あわせちょうあい
marry
1回の丁合では1冊分にまとめきれない台数の多い本の場合、2回から3回に分けて丁合する。分けて丁合したものを、1冊にまとめる丁合を「合わせ丁合」という。
アンカット
あんかっと
uncut edge
本の中身の一方ないし三方を化粧断ちしないで仕上げる製本の一様式。仕上がり後の本の体裁を整えるため、折りが揃うようにあらかじめ版の掛け方(印刷)、製本の断ち割り寸法や折り方など、いわゆる紙見当折りできるようにする。


い段
一折り(大折り)
いちおり(おおおり)
最初の一折りのこと。一折りすれば4ページになる。
行ってこい
いってこい
ワンクランプバインダーのこと。見本製本、小部数の無線とじに手差しで使われる。
インターフェイス
いんたーふぇいす
interface
二つをつなぐもの。異なる規格のコンピューターどうしをつないだり、コンピューターと人をつなぐ言語など。コンピューターのインターフェイスはデータの中継装置。A/Dコンバータなど。
 


う段
後ろ貼り
うしろはり
折丁と折丁の間に別丁が入る場合、折丁の後ろ側(偶数頁)に貼ることをいう。「前貼り」もある。
薄表紙
うすびょうし
flexible cover/softback/softcover/softbound book/paperback
「厚表紙」に対する言葉。上製本の表紙の一種。芯紙に薄い地券紙を貼ったものが薄表紙である。芯紙の外側からクロス・布などの表装材料を貼り、表紙を柔軟にしている。辞書などに多い。
薄物
うすもの
本文の枚数の少ないパンフレットやノートブックなどの本をいう。
裏表紙の臍
うらびょうしのへそ
裏表紙の中央部に空押しされるマーク等のこと。
裏見返し
うらみかえし
off endpaper
書物の巻末の「見返し」。表見返しに対していう。
上背貼り
うわせばり
backlinig strip
背の本固めに使う短冊状の紙。


え段
エアテーブル
えあてーぶる
air table
テーブルに小さい穴が多数あいている作業用テーブル。それぞれの穴にはボールがスプリングにより固定され、はめこまれている。本や紙の重みによってボールが下へ押されると圧搾エアが吹き出し、紙とテーブル表面の間に空気の層ができ紙積み等の移動が楽にできる。
MIS
えむあいえす(みす)
Management Information Systemの略。印刷会社の生産予定の管理を行い、また生産管理システムと連携し、原価の管理や進捗の管理を行う。印刷会社の経営に必要な分析資料やデータを作成する。


お段
OA
おーえー
office automation
コンピューターやセンサー、通信等、各種の情報処理機器を駆使して事務を総合的に自動化・効率化すること。ペーパーレスもOA化の一つの方向である。
置きちがい
おきちがい
improper loading
丁合機に折丁を積み込む際に、折丁の向きを天地・表裏を逆にしたり、所定の位置をずらして置いたりすること。折丁を結束した段階でドンデンのものがはいりこんでいたり、ずれている折丁が混入していると、積み屋は気づかずに積み込んでしまうことがある。積み屋の不注意により、つかみとった折丁ブロックを一杯そっくり置きちがえることもある。乱丁防止装置はこれらをセンサーの働きで発見しようとする。
お猪口
おちょこ
(1)上製本 丸背で、背固めが弱いため背がへこんだ状態になる。「おちょこ」という。「逆バッケ」「さかバッケ」ともいう。
(2)断裁不良。切り口(コバ)が前面に膨らんだ状態を「カブリ」というのに対し、奥にえぐられた状態を「オチョコ」という。断裁刃の切れ味が鈍くなったり、刃先の角度や締め圧が紙質に適さない場合に発生する。
(3)紙の伸縮により紙積みの姿がおちょこのようになる。紙の中央に比較して周囲の水分が少ないときに生じる紙の暴れた形。
帯かけ
おびかけ
tie/band
簡易包装の一つで、ハトロン紙・クラフト紙で束ねる。出来本のグループ結束、折丁の結束、枚葉紙を束ねる等に行われる。
帯紙
おびがみ
book-band/girdle/paper band
本の表紙・カバーの上、箱の外側につける帯状の印刷物。「付け物(付き物)」の一つであり、わが国独特のもの。書名、著者名、内容の簡単な紹介、批評や推薦文等の一部を刷り込み、販売広告を兼ねて表紙の下部に巻き込む。
折り
おり
paper folding
印刷された紙(刷本)をページが正しい順になるように、折り畳む作業。刷本には何ページ分もの紙面が印刷されていて、面付けは刷本をどのように折るか、あらかじめ折り上がりを想定して行われる。1回折ると小口側が2枚になり、これを二つ折りまたは4ページ折りという。2回折って小口が4枚になるのを四つ折り、または8ページ折り。3回目の折りは「3度折り」「16ページ折り」「小折り」という。折り方の手順は回し折りが基本で、紙を時計回りに回して長辺の真ん中を直角に折る。
折り機
おりき
paper folder/folding machine
枚葉印刷物を自動的に折り畳む機械。「ナイフ式」と「羽根折り(バックル式)」がある。ナイフ折りと羽根折りを組み合わせたコンビ・コンビネーション・バリアブルタイプ・KT折り機もあり、複雑で多様な紙折りを行う
折丁
おりちょう
fold section/signature
製本するために折畳まれた刷り紙で、本の中身を構成する1単位。4ページ・8ページ・12ページ・16ページ・32ページの折り等がある。
オンデマンド印刷
おんでまんどいんさつ
on demand publishing
必要なときに、必要な量だけ印刷すること。従来の印刷は複製を大量に作ることで1部あたりのコストを安くすることを目指してきたが、工程数が多く時間がかかることや少量部数には向かない。近年になってデジタルデータを用いて工程数を大幅に省いたダイレクト印刷機が登場し、少量部数が短時間で印刷できるようになった。また、コピー機から派生したコンピュータ制御の簡易印刷製本機もある。
 



あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行
高島市 OBC高島 高島ガイド
太陽精機株式会社 滋賀県高島市新旭町旭字城ノ下1600番地